パソコン出張修理,各社パソコン修理,データーバックアップ,初期診断無料のデータ復旧・データー復元

パソコン出張修理、データ復旧
ようこそパソコン出張修理データー復旧のアークテクノロジーへ  
当社では購入先を問わずパソコン出張修理、内容を問わず出張サポートにて承っております。どんなパソコン出張修理でも遠慮なくご相談下さい。
パソコン出張修理だけではなく突然起動しなくなったパソコンからのデータ復旧
古いパソコンで使用していたメールデータ、アドレス帳、インターネットのお気に入り等今まで使用していたデータを新らしいパソコンに移し、出来るだけ旧環境に近づける作業等、パソコン出張修理では通常行わない幅広い出張作業を行ないます。お気軽にご相談下さい。
TEL: 0428-32-2078
(受付時間 通常受付 月〜土9:00〜18:00)担当 川上




 
メイン
 
訪問作業料金
 
データ復旧料金
 データ復旧事例
 
サポート例
 
リンク
 
お問い合わせ


 
バックアップ
 
137GBは危険?
 Vista  
 ブログ  


〒198-0024
東京都青梅市新町5-16-8

パソコン出張修理、修理の
お問い合わせはお気軽に

TEL
0428-32-2078
FAX
0428-32-6062
アークテクノロジー
担当 川上
master@ark-tech.jp

 特商法表記
 プライバシーポリシー
 

Outlook Expressのバックアップ
こちらでは日々蓄積されるデータの場所をご説明します。
バックアップを取る際の参考にして下さい。

Outlook Express(Microsoft Outlookとは異なりますので注意して下さい。)
Outlook Express を起動します。
ユーザーを複数設定している場合は
メニューから [ファイル]→[ユーザーの切り替え] をクリックし、バックアップを取りたいユーザーを変更します。
複数のユーザーを分けている場合は注意して下さい。

次にメニューの [ツール]→[オプション] をクリックし、[メンテナンス] タブをクリックし、保存フォルダボタンをくりっくすると下記画像のように保存されている場所が分かります。

C:\Documente and Settings\機械毎に異なる名称\〜のメモを取っても良いのですがここでは
Cの左横にマウスポイントをあわせクリックしたまま右にマウスを動かしていきます。


最後のOutlook Expressまで選択できたら右クリックしてコピーします。キャンセルボタンを2回クリックするとOutlook Expressに戻りますので一旦[ファイル]から[終了]を選んでOutlook Expressを終わらせます。
次にスタートボタンから[ファイル名を指定して実行]を選び名前の右横の白い所を右クリックし[貼り付け]を選びます。

OKボタンをクリックし出てきたウィンドウにあるデータ全てを別の媒体にコピーすればバックアップは完了です。

IEのお気に入り

IEを起動して[ファイル]から[インポート及びエクスポート]を選択します。
インポート/エクスポートウィザード画面が出ますので次へボタンをクリック。
次の画面で[お気に入りのエクスポート]を選び次へボタンをクリック。次の画面もそのまま次へボタンをクリックします。
お気に入りのエクスポート先を選択する画面になります。

初期値ではマイドキュメントに[bookmark.htm]というファイル名で保存されます。
もし変更したい場合は参照ボタンをクリックし覚えやすい所に保存先を変更します。

保存先が決まったら次へボタンをクリックし次の画面で完了をクリックすると暫くで完了します。

ハードディスクは消耗品?
最近は大容量の外付けハードディスクが安価に入手できる事からバックアップデータを保存されている事が多くあります。
外付けのハードディスクへデータを保存しておく際は必ずパソコン本体にも同じデータが有る状態にしておく方がベストです。

片側だけに保存している場合は必ずCDやDVD等の別媒体に保存をしておかなかればハードディスクが故障した際はデータの救出が困難になります。
大容量になりましたがハードディスクの大きさは変わらない(以前より薄くなっています。)状態ですので以前のハードディスクより故障の頻度があがったと感じます。